建造物の耐震性が気になるなら診断と補強工事をしてくれる株式会社キーマンに依頼を

HOME>イチオシ情報>補強工事だけでなく診断のみも行ってくれます

耐震性の補強工事に力を入れている会社

男性作業員

近年、大地震が多発していることに伴って建築物の耐震性への意識が高まってきました。特に、重視するポイントとなるのが新しい耐震基準が設けられた1981年6月以前以後に設計されたかで、それ以前の建物の耐震性は経年劣化も含めて劣っている可能性があります。そのような建築物にお住まい、もしくは所有されている人は株式会社キーマンに診断や施工を依頼することをおすすめします。なぜならば、この会社は耐震補強をメインとして活動しており、幅広い業界から実績を積んでいるからです。建て替えではなく補強工事するため、工事費用を抑えつつ建築物の耐震性を向上させることができるわけです。

耐震性の診断のみも可能

男女

主に耐震補強工事を行っているのが株式会社キーマンですが、それ以外にも耐震性の診断も行っています。その診断は、鉄筋検査・圧縮硬度検査・コアコンクリート採取などを経て、その上で建造物の耐震性を算出していくのです。そして、その結果を基づいてどのようにすればより高い耐震性を得られるのかを図面作成していくこととなります。もちろん、高い耐震性があれば補強する必要はありません。もしも耐震性に不安がある人はその診断だけでも依頼してみると良いでしょう。

多くの場合立ち退く必要はない

男性作業員

耐震性の診断で危険があると分かると、図面作成をしてそれに基づいて補強工事に取り掛かることとなります。そのとき、マンションやビルでは入居者が一時的に工事中に立ち退く必要があるのではないかと心配される人も少なくありません。株式会社キーマンでは基本的には補強工事は外部に耐震フレームやダンパーを設置していくこととなるため、立ち退く必要はありません。そのため、日常生活に大きな支障を与えると言うことは少ないでしょう。

広告募集中