群馬で家庭用太陽光発電を導入するときに知っておきたいパネルの選び方や発電システムの仕組みを紹介

太陽光パネルはさまざまある

作業員

最近は、昔と比べると太陽光パネルにかかる初期費用がお手頃になってきているということもあり、群馬でも家庭用太陽光発電システムの設置を検討している人も多いでしょう。しかし太陽光パネルを取り扱っているメーカーは、有名なところやマイナーなところなどさまざまなるため、初心者は迷ってしまうのではないでしょうか。そこで知っておきたいのは太陽光パネルを選ぶ際のポイントであり、「変換効率」と「kw単価」というものが重要になります。

変換効率とkw単価について

ソーラーパネル

群馬で家庭用の太陽光発電を選ぶ際にまず知っておきたいのは、どれだけ効率的に発電ができるかという「変換効率」に関することです。太陽光パネルには単結晶と多結晶の2種類があり、変換効率が高いのは最近主流になっている多結晶タイプになります。そして「kw単価」は、発電設備の設置費用は1kwあたりいくかになるかということであり、単に商品そのものの価格ではなく、単価に置き換えてみると実際にお得かどうかが分かります。

発電システムの仕組みについて

女性

家庭用の太陽光発電システムは群馬でも多く取り入れられていますが、そもそもどんな仕組みになっているのかということを知っておきましょう。家庭用のものは、太陽光を受けたパネルにより作られた直流電力をパワーコンディショナーによって交流電流に変換することで、家庭内の電源として使ったり電力会社へ売電したりできるようになります。そして家庭用の太陽光発電システムでは、発電量が消費電力を上回ると自動的に売電に切り替わるという系統連系システムが採用されています。

売電の仕組みについて

家の模型

群馬で家庭用太陽光発電システムを導入しようとする場合、売電収入はどうなるのかということが気になっている人も多いのではないでしょうか。売電とは、発電した電気を電力会社に売ることができるというものであり、家庭用の場合は、発電した電気を家庭内で消費しながら、余った分を売電に回すということになるでしょう。そして現在、売電については、ある一定期間は買取価格が変わらないという固定買取価格制度というものが適用されています。出力が10kw未満の家庭用の場合は、その固定買取期間が10年と決められているため、設置から10年間は安定した価格での売電収入を得ることができます。ただしこの制度で適用される売電価格は、市場の動向を考慮しながら毎年見直しがおこなわれるという特徴があるのです。そのため、太陽光発電システムを導入する時期によって売電価格が変わるということも知っておきましょう。

広告募集中